学生時代の記念日とは?こんな日も

大切な子供との思い出は、やはり写真に残しておきたいもの。特に子供が学校に通っている間はあっという間に過ぎてしまうものですし、しっかりと写真に撮っておきたいですよね。では、どのような日に写真を撮ればよいのでしょうか。人気が高いのは、やはり運動会や文化祭などのイベントでしょう。子供たちが頑張る姿や、今まで学んできた事を発表する場は親として嬉しいものです。こういった日は日程表などで前もって伝えられるため、早めにカメラを用意したり、スマホのデータを整理したりしておきましょう。また、許可されている場合は、修学旅行などで子供にカメラを持たせてあげるのも面白いです。大人の目線ではない、子供の目線からの「楽しい事、楽しかったこと」を撮影してくるため、一風変わった写真を見る事ができますよ。

決まったルールは無し!幸せな瞬間を撮りましょう

子供が学生だからといって、学校内のイベントだけしか撮影できるタイミングが無い、というわけではありません。例えば誕生日や試験に合格したお祝いなど、嬉しい事があったときに撮影する事もできます。日常の中では当たり前に思っている事でも、後で振り返った時に懐かしく感じる事は多くあります。そんな時一枚の写真があれば鮮明に思い出す事もできますし、「これ覚えてる?」と会話の種にする事もできるのです。普段、写真撮影をする機会が無い場合は少し恥ずかしく感じる事もあるかもしれません。しかし、慣れてくると楽しくなるものですし、後々思い出の品として楽しむ事もできます。一つのイベントで一枚だけ、ではなく、気に入った場面を数枚ずつ撮影してみる。そうする事で思わぬベストショットが手に入るかもしれませんよ。

青春の記録ともなるスクールフォト、今は必要を感じなくとも将来、若き日を思い出すとき無くてはならないフォトとなるでしょう