憧れのチャペル!キリスト教式

現代の主流の結婚式スタイルが「キリスト教式」。チャペルと呼ばれている教会で式を挙げる今では一般的になっている挙式スタイルです。ゲストも一緒に賛美歌を歌ったり、牧師さんが「健やかなるときも病むときも…」というおなじみの式ですね。クリスチャンの方はもちろん、そうでない方も誰でも挙式できます。厳かな雰囲気のなかで式が行われることが多いです。そのため、親族が多い式や会社の上司を招待する式でも失礼がないですね。憧れのバージンロードを歩くことができます。

伝統的な日本の式!神前式

読んで字のごとく神前式とは「神」に誓う式。主に神社で和装で行われる昔ながらの伝統的な挙式スタイルです。チャペルでの誓いの言葉の代わりに、新郎新婦が交互にお酒をいただく三三九度などの儀式があります。神社以外にも、現在ではホテル内に神殿があり神前式を挙げることのできるホテルもあるのです。基本的には親族のみ参加ですが、広い神社だと友人を呼ぶこともできますよ。白無垢に洋髪を合わせることもできます。古臭いイメージと思いきや、いまではいろいろアレンジできじわじわ人気です。

自由な演出が人気!人前式

キリスト教式や神前式は、神に永遠の愛を誓うスタイル。一方「人前式」とは、参加してくれたゲストの方々に永遠の愛を誓い、ゲストの皆さんに結婚の証人になってもらうというスタイルです。宗教や国籍に囚われないので、さまざまなカップルに対応できます。もちろん衣裳も洋装・和装どちらでもOK。場所もチャペルでもレストランでもOKなので、自由に演出ができます。堅苦しくないアットホームな式を挙げたいカップルにもおすすめ!

神戸の結婚式場は異国情緒が漂う洋館やレストラン、ホテルが多くおしゃれな結婚式となります。港もきれいで夜景の見えるホテルの式もおすすめです。